【そうだ台湾行こう】初タイガーエア【一人旅】

2018-05-22


マイルが失効しそうだ。やばい。
WAONに交換とかなんか損した気分。JTBのポイントに交換するのも…そもそもJTBの旅行が高いから嫌だw

というわけで弾丸台湾旅行を思いつく。
マイル使用が目的なので、当然特典航空券で飛ぶつもりだったんですが、いいかんじの日時の飛行機が全然無い!!むきぃ!!!
5月はなにかと予定があって旅行出来る日程が限られまくっているのにー。(マイルの失効が5月31日だった)
そこでワタクシ考えました。
失効するのは約10,000マイル。
復路だけ確保して往路はLCCを使えばいいのではないかと!!!

出張が無くて、他の用事もなく、とりあえずアウトドア等の予定も入っていない休日はー・・・って上手いことあいてるとこ無いんかーーーい!よし、有給取ろう、平日に!
でも飛行機がいい感じのやつないんかーい!
もういい、5月20日は城たんのイベントだけど、その前の金土で行ってやる!

復路のキャンセル待ちがうまく取れたので、そこからは早かった。ホテル予約して、往路のLCC確保。
ピーチは狭いと聴いていたので、タイガーエアを使ってみました。

問題は、私が乗る予定の便が羽田を5時発だということ。
始発でも間に合わない…そうか、空港夜明かしか…

そんなこんなで当日はきっちり定時まで仕事し、ダッシュで一旦帰宅し、シャワーを浴びて再度お出かけ。
LCCなので、荷物は最小限に押さえ、キャリーも海外用じゃなくて出張用の機内持ち込みサイズにしました。
ただし、そのキャリーの中には帰りに荷物を突っ込む用のパッカブルボストンや観光地にありがちなでっかいファスナー付きの復路を忍ばせてありますとも。だって台湾だよ?ほとんど買い物行くようなもんじゃんw

空港での夜明かしは、思ったほど苦痛ではなかったです。まず夜の2時くらいまでは充電できるバーガーショップで時間つぶし、その後、30分くらいでチェックインできるようになるんだけど、とりあえず近くにいい感じの長椅子見つけたので、スーツケースを枕に、手持ちバッグはガッチリ抱えて少し仮眠。
時間になったのでチェックインして、24時間営業の免税店でMさん用のおたばこと、台湾へのお土産を1つ購入。(Facebookのフレンドのお店に訪問する予定があったので。)
そのまま搭乗口まで移動したら、ここもまたいい具合に空いてて、コンセントの柱がある長椅子でラスト仮眠。40分程。
そんなんしてたらもう4時半で、搭乗手続き始まりましたとさ。

今回の往路はタイガーエアを使ったんですが、キャラクターや色合いが可愛くて癒やされました。
LCCなので、安いプランで行こうとすると、受託手荷物・機内食・座席指定は無し。それら使いたければオプションになります。
別にいらねーや。どうせ機内寝てるだけだしw
施設利用料とか入れても12,000円くらいだったかな?安いよね。

機内も清潔で、そんなに座席も狭くなく快適。あと客室乗務員さんに可愛い男子が多かったぞ。アラフォー女性は癒やされに行くべき(真顔)

本読んだり、うとうとしたりしていたらあっという間に桃園空港に到着です。

入国審査通過したらまずはインフォメーションでiTaiwan(*1)の登録をし、さっさとATMで現地通貨引き出して、バス乗り場に直行し、まずはホテルに荷物を置きに行くっ!
また便利なことに、バスがホテルの前まで行くから、降車ボタンさえ押し忘れなければ乗り換えもなく超楽。
便利だわー。(ちなみに宿泊先はサントスホテル。日本人宿泊客が多く、何かと便利です。)

導入部分で思いの外長くなったので到着後のお話は次回に続くのじゃ。

(*1) iTaiwan=台湾の公共Free Wi-Fiを使えるサービス。登録するのにはパスポート情報必要です。出発前に登録しておけば、現地での手続きはスムーズです( ・`ω・´)b