【航空系マイル】年会費を把握してみるの巻

2016-03-30


お仕事上、時々空港に放置され、フライトまで1~2時間の時間つぶしを強いられることがあるmasaminです。
つい先日もとある空港にて2時間待ちました。
しかも田舎の空港だから見るところも大してありゃしないし…
あんまりスマホで遊んでるとバッテリー減るし…
そういう時に思うのです
「空港のラウンジ使えたらなー」
と。
ラウンジを使う方法は、対象のカード(主に各種ゴールドカードなど)を持つか
航空会社の上位メンバー(要はめっちゃその会社の飛行機乗ってる人)になること。
なお、カードの会員と、上位会員では使えるラウンジが違ったりします。
その辺の細かい話を入れると長くなる(自分も調べながらだから)ので、今日は割愛!
まぁ、どちらにせよお金かかるよってこった。
ふむ、ではお金かかるならどれくらいかかるのか?
まずカードで入れるラウンジを利用するためには、対象のカードを持つわけですが、
そのカードの年会費などが馬鹿高かったら意味ないっすよね。
なお、最安値で1万円程度。
それではここで自分が払っている年会費を見てみましょう。
●JALカード(メイン)
年会費
  2,160円
ショッピングマイル・プレミアム年会費(ショッピングマイルが2倍になる)
  3,240円
合計5,400円
マイル移行手数料:0
100円=1マイル
●ANA VISA Suicaカード
http://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/anasuica/index.jsp
年会費
  2,160円
ワールドプレゼントポイントとして貯まる
1,000円=1ポイント=5マイル
合計で年会費が7560円
こう見ると結構カードの年会費払ってる…orz
これはどちらかに集中させてゴールドにするとかした方が賢いのかもしれない。
これから調べるけど、カードの種類によっては、JALのショッピングプレミアムみたいなことをしなくても、マイルがたまりやすいものがある模様。
よし、これはカテゴリー化して納得いくまで調べようw
2016/03/30追記
航空系マイルのことについては、別でブログを立ち上げました。
JAL上級会員(JGC)を目指す 2016