賃貸でも自分の好きにできる壁を作ってもらいました。

2018-01-31


Mさんプレゼンツ、壁。

近年、DIYがブームになるなか、これも流行っているらしいのが、2×4(ツーバイフォー)の木材を利用した見せる収納。

主流は「ディアウォール」と「ラブリコ」という商品らしく、今やどのホームセンターに行っても見かけます。

この2つとも、2×4材の上下にアタッチメントをつけて、天井と床で突っ張り棒状態にするものです。

1本だけ立てて、そこにいろんなものをガツガツ刺していくとか、棚をつけるとかという使い方もできるし、複数本立てて、その間にもまた木材を渡して2×4の幅の棚にするとか、板を打ち付けて壁にするとか、色々できるすぐれもの。

公式サイトのギャラリーなんかを見ると、作例が出てきます。⇒「LABRICO – ラブリコ / 公式ブランドサイト」

もしくは「ディアウォール」とか「ラブリコ」で画像検索するとこれまたいろんなアイデアが出てきます。

みんなすごいなぁ、良くそんなの思いつくなぁ、と感心することしきりです。

自室に設置計画

そんな情報を見て、私もやってみたくなり、Mさんにお願いして壁の取り付けをしてもらいました。ありがとうございました!

私が住んでいるところは部屋が2つあるんですけども、間が引き戸で仕切られていて、なんとなくその戸の部分を開けておきたくて物が置けないから、壁一面分がデッドスペースになってました。

そんな無駄なスペースならばいっそ戸を消してしまえ!!とそこに壁をつけることを決意。

でも、賃貸だから当然壁に直接釘打ったりできないんで、Mさんに教えてもらったこの便利な道具を使うことに。

壁の設置の為に、まずは柱にする木の買い出し。

ホームセンターで2×4材を希望の長さに切ってもらう。

あと、壁部分にする杉板を買う。

買ってた杉板は塗料を緩めて塗って拭き取る「ワイピング」という塗装方法でミルキーグリーンに塗装。

可愛い色になった

 

ただし作業風景は凄惨

乾かして、設置は後日お願いすることに。

なお、スペースがたくさん必要な塗装作業でしたので、自分ち(集合住宅)ではちょっと厳しく、Mさん宅のスペースをお借りしていますm(_ _)m

何から何までありがとうございます。

いよいよ現場に設置です。

切ってもらった2×4材と塗り終わった杉板を車で運んで頂いて自宅へ。

ツーバイフォー材は天井とラブリコを合わせる時に微調整が必要とのことだったので、少し長めにカットしてありまして、それを現地でサイズ合わせて最終カットしてもらう。

突っ張り棒タイプのものなので、本当にかんたんに柱が立ちまして、そこに杉板をバツーンバツーンと打ち込んでいく。

私はただただ押さえる係w

開始から、なんと1時間のスピード仕事で我が家に壁が出現しました!

ドアを覆う壁
天井部分のつっぱり

ここからは地道に自分で、棚を取り付けてみたり、ウォールステッカーをつけてみたり、アレンジが始まります。

楽しみです。

今回、最初から最後までMさんにはお世話になりっぱなしで、ありがとうございました!お礼はインパクトドライバーです!(笑)

 

DIY流行りに乗って、皆さんも是非突っ張り棒の柱、いかがですか??