三輪山に神様に会いに行く


奈良に大神神社という神社があるのです。
日本で1番古いとされる大神神社。
その大神神社は拝殿の後方の三輪山を御神体とする山岳崇拝の神社なんですね。

そしてその三輪山は参拝を目的とする場合のみお山に入ってお参りすることができるのです。

というわけで、先日Y子さんと三輪山へ登拝へ行ってまいりました。
山の中であったことは、決して外で口にしてはいけない、書いてもいけないのでここには書けません。
登拝は三輪神社の摂社である狭井神社で申し込みをし、初めての人は注意点をきき、お山に入ります。
入る前にはお清めもしっかりと。
注意点等詳細はこちらへ(http://oomiwa.or.jp/jinja/miwayama/tohai/)
さてそんな登拝ですが、今回何故か途中で体調が悪くなり、私は山頂のお宮までいけませんでした。
おそらく「今はまだここへ来るな」ということだったのだと思います。
またいずれ、機会があればお参りさせて頂きたいと思います。

ちなみに、お山を出た後は特に問題なく、いつもどおりだったので、本当に神様の力が働いたのかもしれませんね。

残念でしたが今回は中程から頂上に向かってお参りし、終了。
一緒に途中で引き換えしてくれたY子さんには悪いことをしたなぁ・・・(´・ω・`)

狭井神社の社務所に白装束代わりの襷をお返しして、そのまま山の辺の道の方へ行くことにしました。

時間が時間なのでお昼を食べようと、事前に調べていたお店に向かったのですが、あと一歩というところで地図が謎に包まれた。
もう目の前に有るはずなのに道が終わってる…迂回路とかもない。
一体なんだ!?
と思ってよく道を見たら、民家の私有地かと思ったらそこに道が続いていて問題なく通ってお店の方へ行くことができました。

なんだよ、びっくりしたw

お昼を食べにお邪魔したのは「山の辺の道 花もり」さん(https://tabelog.com/nara/A2904/A290402/29000441/)
ここの「野菜膳」というのが食べたかった。
お野菜の炊合せがメインなんですが、結構なボリュームで満足。
そしてセットでついてくる素麺は「御神饌素麺」というものにチェンジできるとのことだったので、そちらにしてもらいました。
御神饌素麺は素麺の上に
枕崎産本枯れ節
北海道産昆布
北海道産するめ
瀬戸内海産あみ海老
奈良産しいたけ
国内産香り米油
金胡麻
わさび
という出汁がしっかり出る素材がもりっと乗って出てきました。全部混ぜて食べるスタイル。

非常に美味でした。

結構お腹いっぱいで「ぷはー」となっていたのですが、この後の地獄を我々はまだ知らないのであった・・・

あまりゆっくりしていてもだめだろうと思い、ちょっと休憩したら続いて山の辺の道散策へ。
持っていた地図を見る限り、まっすぐで迷いようが無い道だろうと思い、もりもり歩いていったんですが…
一向に着かない
次の目的地に着かない。
なんでよ?
なんせ1時間以上ずーーーーっとゆるい上り坂を登り続けていたのですが、人も居なければ目的地への表示も無くていい加減不安になり、スマホで地図を見ようとしたところ…圏外。まさかの。
ごめん、奈良の山なめてた。
当然ずっと歩いてるから疲れるし汗かいて消耗するしなのに
今回行動食を一切持っていない我々。(水分はあった)

ごめん、奈良なめてごめんて。。。

とりあえず一旦引き返そうと、また1時間以上かけて来た道を戻る。
すると、
何ということでしょう
最初の分岐で真逆に進んでいた。

ふたりとも気づかないとか…なんでだよ!

ほんとにね、観光地だからって舐めちゃだめ、今後はちゃんと紙の地図を持って、必ず行動食を持っていこうと心に誓いましたよえぇえぇ・・・

正しいルートに戻って少しあるくと自動販売機があったので、そこでオロナミン●を買って飲んだんですよ。

今まで生きてきた中で一番美味しいオロナ●ンCでしたよほんとに。

その後は、特に迷う要素は無い…と思ったのだけど、
山の辺の道の道標がいい加減過ぎて私は桜井市とか天理市の行政に殺意が湧きましたよ。
迷わせようと思ってやってるとしか思えない。

思い出したら腹立ってきた!!

例えば、一つの分岐路があって、そこに「崇神天皇陵 1.5km→」と書いてあるとするじゃないですか、
すると次に道しるべが出てきた時に「崇神天皇陵」の表示がどこにもないんですよ
更に先のポイントは書かれてるんですが。
そうすると「え?こっちであってる?どこかで間違えた?」って思うじゃないですか。
間違って無いはずなんですけど。
逡巡したあとにとりあえずそのまま進むと、次の道標で再度「崇神天皇陵900m →」みたいに表示が復活するんですよ。
もうね、アホかと。
ずっと出しとけと。
嫌がらせかと。
もし山の辺の道の整備をしてくださってる方がこのブログを見てくれたとしたら、ホントお願いします。
一回県外の人間にあるかせて道標見直してください。
マジでわかりません。
ほんとに、

殺意が湧くレベルでわかりません。

とまぁ、そんな感じで行きつ戻りつしながらなんとか「トレイルセンター」というところにたどり着きました。

ちょっと日が暮れかかってきてたし、疲れがピークなので天理駅まで行くのやめてその途中駅から電車に乗って帰ってまいりました。

山辺の道はいつか仕返しに行きたいと思います。
あと皆さん、ほんとに観光ハイキングだったとしても甘く見ないで万全の体制で望んでください。
屋久島の縄文杉を踏破したことで私達には気の緩みがあったと思うんで、ほんと、次から気をつけます。